หน้าแรก / ห้องเรียนกฏหมาย

【データから見るタイ】機械・金属加工産業における人づくりの現状 1
 
 
第 5 章  機械・金属加工産業(自動車部品製造業)
 
1.担当業務の紹介
1.1   所属している企業の紹介、業界全体の実像私が所属したS社は、バンコクから南に 200km東洋のデトロイトと呼ばれるE工業団地にある。
1996 年にS社とN社の合弁会社として設立、自動車部品を鍛造、機 械加工してタイ国内向けをはじめ日本にも輸出している。私は、30 年間N社に在籍し、1994 年にS社に転籍をした。1997 年のバーツショック経済危機でほとんど仕事がなくなった時、N社より新しい部品をいただき、 その立ち上げのため、1998 年 10 月、現地に赴任し、3 年 2 カ月を過ごし 2001 年 12 月に 退職した。その後、設備増強のため応援要請があり 2004 年 8 月より 10 カ月間タイに滞在 した。S 社は 2005 年に従業員 210 名、月産 1,500 トンを生産している。 E工業団地には 42 社の日系企業があり、毎月連絡会を持ち情報交換をしている。又家族のために夏祭り、クリスマス会を開催している。 鍛造作業はマイナーな仕事で、一般の人が日常目にすることは少ない。 
 
しかし、鍛造品の分野は自動車、建設機械、農機具、オートバイ、鉄道車両、ボルト・ナット、ファスナー等多方面にわたっている。日系鍛造会社は 2005 年現在およそ 13 社で、 多くが 1994~1996 年に進出している。親睦団体としてタイ鍛造工業会と称し親睦ゴルフや仕事上の問題についても日本国内以上の協力体制が出来ている。タイ国の鍛造の生産高について統計がないので詳細は不明であるが、日系企業では月産1,000 トンを超える企業が 4 社ほどある。現地企業は旧式プレスにハンマーを 3~4 台保有 し、月産 500 トン以下の規模である。現地企業は品質保証体制が弱いため、補修部品を中 心に生産している。
 
 
1.2   担当業務から見たタイ国の紹介
鍛造品の中心は自動車である。タイ国の特徴は、自動車、オートバイの生産の 90%は日 系企業のノックダウンである。自動車の主力は商業車であり、全生産台数の 75%が1トンピックアップトラックである。農機具も鍛造品を使用しているが、K社は日系企業の 老舗であり、現地人が社長をしていることで現地化が最も進んだ企業として有名である。 タイ国の現地鍛造会社はH社が中心であるが、日系企業は 6,000 トン、5,000 トン 大型プレス(IT フォージ)、1,600 トン自動プレス(エンドーフォージ)が稼動している。生産量が最大の 1 トン小型商業車の駆動軸(1台に 2 本必要)の生産は鍛造し機械加工をして完成品として付加価値をあげている。
タイ国内では S(M系)、S(N系)の 2 社が全自動生産ライン各 2 ライン を有し集中生産をしている。タイの自動車生産は 2005 年に初めて 100 万台を突破した。2000 年~2006 年の 6 年間に 2.9 倍という驚異的な伸びを示している。
 
บริการและให้คำปรึกษา
 
  ที่อยู่บริษัท : 77/254 อาคารราชเทวีทาวเวอร์ แขวงพญาไท เขตราชเทวี กทม 10400
หน้าแรกเกี่ยวกับเรา บริการของเราข่าวและประชาสัมพันธ์บทสัมภาษณ์ลูกค้าและผลงานที่ผ่านมา ติดต่อเรา
  E-mail Address:service.lbc@gmail.com 
© 2008 Laibros.com, All rights reserved.
_
***กรุณาฝากข้อความเราจะติดต่อกลับ***
Name
***
E-mail
***
Phone Number
***
Message
***