Hotline: +66(0)86-844-1313 , +66(0)2-255-9681
HOME NEWS & ARTICLES INTERVIEW OUR CLIENTS CONTACT US
 
ホーム / ニュース

カシット・元外務大臣の見解:2013年12月3日

情報リソース: Al Jazeera

 
タイのビックブラザーに対する抗議
 
デモの根本的な原因はシナワトラ政権による縁故主義、汚職そして過失
 
最終更新: 2013年12月3日、07.29時
 
タイでの反政府デモの引き金は、多くの外国人ジャーナリストが記載したように「階級の違
 
い」ではない。実際、政府による先例のない汚職、議会にいる選挙を勝ち取った独裁者、グ
 
ッドガバナンスと法の支配に基づいて国をリードするインラック首相の専門知識と能力への疑
 
問などに対する不満感がデモの引き金である。
 
2001年、多くの中間階級のタイ人は、タクシン・シナワトラがタイの発展に貢献するために政
 
治界に入ったことを信じ、彼に投票した。しかし、かえって彼は国権力を自己ビジネスの利益
 
のために使っていた。タクシンの時代は最も先例のない縁故主義と腐敗の時代であると言える
 
であろう。現在、自己亡命した元首相は、タイの裁判所で係争中となっている多くの汚職並び
 
に政治的過誤から意図的に逃亡しているのである。
 
全てのケースは特別対策本部と国家反汚職行為委員会事務局によって調査された。又、全ての
 
法的根拠並びに法的手段は特別な法律ではなく、タイの刑法に基づくものである。
 
タクシンの妹であり、全く政治的な背景を持っていないインラック・シナワトラは彼のプロキ
 
シであることは誰もが知っている事実である。多くのプアタイ党(タイ貢献党)メンバー並び
 
に閣僚は、海外を訪問し、「ビックボース」の象徴であるタクシンへの敬意を払い、指示を受
 
けているという事実を考えると、議会の多数党であるプアタイ党は未だに完全にタクシンの支
 
配に置かれている。インラック自身は党内においてリード的な地位はない。彼女は党のリーダ
 
ーでも、重役の委員でもない。
 
政府の過失
 
現在、政府による縁故主義はタイの社会で広まり、そしてゆっくりと公的機関並びに法執行機
 
関に忍び込んでいる。この政府は約束したマニフェストに反した「本音」を見せた事実は人
 
々の集会を呼び起こしたのである。
 
更に、平和的なデモの引き金はインラック政権の荒々しい汚職である。例えば、タクシンが自
 
分の政策であることを明確にかつ明らかに主張した米担保融資制度は、国に対し130億ドルの
 
損失をもたらすばかりではなく、タイの米輸出市場における競争力を失わせたのである。この
 
政策は政府との繋がりを持っている人々が横領するためのループホールを多く作り出した。
 
この政府はまた巨大プロジェクト用の700億ドルを獲得するために法案を提出し、予算上に
 
抜け道を作り出そうとした。法案内容もわずか4ページしかなく、詳細を欠けている上に国に
 
50年ローンをもたらそうとした。
 
最後のワラ
 
デモ参加者を終結させる主な理由は、政府がタクシン氏の全ての汚職罪を赦免するために、恩
 
赦法案を提出したことによって法律の抜け道を作り出したことである。更に、下院の否決によ
 
り返付された恩赦法は、タクシン氏が首相を務めた時期に関与した政府命令によるタイ深南部
 
の越法殺害並びに人権侵害、麻薬取締における刑事犯罪などに関する調査を禁止するものであ
 
る。
 
この法案の目的は、また、タクシン氏が所得を意図的に隠し、家族が経営していた通信会社で
 
あるShin Corp.の株の名義書換により2010年最高裁判所の判決で押収された約15億ドルをタク
 
シン氏に弁償することでもある。裁判所はまた、ミャンマー等他国へのローン政策を含め、タ
 
クシン政府が実施した政策は自分の家族の会社うぃ豊にしたことが分かった。
 
更に、デモ参加者にとって政府のポピュリズム政策は非常に耐えがたいものである。例えば、
 
追加の米担保融資制度、初めての自動車の減税措置、農民のためのクレジットカード、リボル
 
ビング・クレジット、村落のための無料電気・水道などである。これらの政策は票を集めるた
 
めに打ち出されたものである、一方、国の更なる深い借金をもたらした。
 
担当政治家は、これらの政策の導入は国家財政にダメージをもたらしただけではなく、人々の
 
間に「乞食の文化」を吹き込んでいることを意識していない。これらの政策は経済原則に反し
 
ているだけではなく、普遍的な民主主義的価値観の中核を揺さぶるものでもあった。ポピュリ
 
ズム政策は票を買うことができるかもしれないが、自己改善のための決断力、勤勉な働きの価
 
値及び道徳を奪ってしまったものである。
 
最終的に、この政府はタイ人が親愛した「真の民主的価値」を破壊してしまった。我々は、透
 
明で、責任のある政府並びに法の支配を尊重する政治家を評価する。しかし、政府は、自分た
 
ちが民主主義の過程において選挙で選ばれた合法的政府であることを主張し続けているが、最
 
後の選挙が不正行為に満ちていたことを言い忘れた。
 
インラック首相、内閣、プアタイ党出身の議員は国会システムを無視し続けていることで、シ
 
抑制と均衡ステムが機能しなくなる。文責運動は冗談として処理される。首相は野党からの質
 
問に答えず、めったに国会討論に出席しない。
 
何人かのプアタイ党出身の議員が、憲法裁判所による上院議員構成に関する憲法改正について
 
の判決に反対し、告訴したことで法の支配の原理、抑制と均衡そして三権分立は更に壊れてい
 
った。裁判所は、政府が改正したい章は憲法に違反する上に手順も不適切であると判決した。
 
更に、何人かのプアタイ党出身の議員はプロキシによる投票で不正行為を犯した。問題は、我
 
々タイ人は、政府に対して信頼したのにもかかわらず、彼らは国家のためではなく自己利益の
 
ために行政権力そして立法権力を乱用した。
 
タイ人は、腐敗し、違法行為を行う政府に対して抗議する権利がある。彼らは我々が愛した国
 
家に十分なダメージを与えた。我々は彼らに更なるダメージを引き起こすための時間を許すこ
 
とができない。
 
Kasit Piromya氏は元タイ外務大臣である。現在はタイの国会議員である。
 
この記事に示されている意見、見解は著者自身のものであり、Al Jazeeraの編集方針ではな
 
い。
サービス一覧
 
  所在地 : 77/254 Rajthevi Tower 19th Floor, Petchburi Rd. Rajthevi, Bangkok 10400
ホーム 会社について サービス お客さん一覧 お問い合わせ タイ語の翻訳
  E-mail Address:service.lbc@gmail.com  
© 2008 Laibros.com, All rights reserved.