Hotline: +66(0)86-844-1313 , +66(0)2-255-9681
HOME NEWS & ARTICLES INTERVIEW OUR CLIENTS CONTACT US
 
ホーム / ニュース

タイの実情 ~有給休暇~

 みなさん、こんにちは!

 

働く国が異なれば、当然ワークスタイルもその国に合わせていくことになります。

日本では昨今、ブラック企業というワードも認知され、仕事と仕事以外のバランスが

重要になってきますね。有給休暇の取得率も改善されていくことでしょう。

 

さて、ではタイでは実際のところ、お休みはしっかりと決まっているのでしょうか?

今回は、有給休暇に焦点を当てていきます。

 

 

 

一般的に、タイでは有給休暇が下記のように設定されていることが多いです。

 a.用事のある私用休暇:1日~3日(法定上の明記はない)

 b.用事のない有給休暇:6日以上

 c.病気休暇:30日(場合によっては診断書の提出が必要)

上記のa.とb.を合わせた7~9日間が、通常は有給休暇と言われています。

ちなみに、この日数は1年間で、です。多いと思われますか?

 

また、有給休暇を残した場合、繰り越し制度を採用している企業もあります。

繰り越し制度がない場合は、『特別賞与』として支給されることが多いです。

 

ただし、これらは勤務先の就業規則によるところが多いので、従業員の方は

就業規則にしっかりと目を通したり、上司へ確認したりしておきましょう。

経営者の方は、就業規則を作成するか、従業員への事前説明のどちらかを

必ずやっておきましょう(怠った場合は違法ですのでご注意を)。

 

 

タイで働く経験をよい機会にして、適度にお休みを取りながら、最高の

パフォーマンスを発揮できるように、ご自身のワークライフバランスを

見直してみてはいかがでしょうか?

 

==========================================================

弊社は、タイにおける日系企業様に向けた、総合コンサルティング会社です。

お困り事ございましたら、メール、もしくはお電話でお気軽にお問い合わせください。

なお、お電話はタイへの国際電話となりますので、ご注意くださいませ。

サービス一覧
 
  所在地 : 77/254 Rajthevi Tower 19th Floor, Petchburi Rd. Rajthevi, Bangkok 10400
ホーム 会社について サービス お客さん一覧 お問い合わせ タイ語の翻訳
  E-mail Address:service.lbc@gmail.com  
© 2008 Laibros.com, All rights reserved.