Hotline: +66(0)86-844-1313 , +66(0)2-255-9681
HOME NEWS & ARTICLES INTERVIEW OUR CLIENTS CONTACT US
 
ホーム / ニュース

【ビジネス経済ニュース】

 7月2日(ブルームバーグ): 三菱UFJフィナンシャルグループがタイの大手銀であるアユタヤ銀行の買収に向け最終調整していることが分かった。米ゼネラル・エレクトリック(GE)など同行の既存株主から株式を取得することで月内の合意を目指している。交渉が成立すれば秋にも株式の公開買い付け(TOB)を実施する。

複数の関係者によると、三菱UFJはアユタヤ銀株式25%を保有するGEなど株主の同意を得た後、買収計画をタイ当局へ申請する予定。計画がまとまり次第、臨時取締役会を開いて決議した上で発表する方針だ。タイの株式市場で行うTOBではアユタヤ銀株の過半の取得を目指す。邦銀がアジア銀を直接経営するのは初めてとなる。

三菱UFJは2008年にカリフォルニア州のユニオンバンカルを買収後、完全子会社化し、北米で個人(リテール)・法人(ホールセール)両部門の事業基盤を確立。M&A(合併・買収)により国際事業の強化を進めている。経済成長が続く東南アジアでアユタヤ銀行を同地域の営業基盤として活用し、さらなる海外事業の拡大を図る。

関係者によると買収が完了した後、三菱東京UFJ銀行のタイ国内の支店はアユタヤ銀に統合することを検討している。背景には、現地に支店を持つ外国の銀行がタイの銀行への出資に関する規制がある。買収後、三菱UFJはアユタヤ銀のオーナーで現在は25%を保有するラタナラック・グループとも協力しながら経営したい考えで、取締役会メンバーの受け入れについても協議している。

Source : http://www.bloomberg.co.jp/

サービス一覧
 
  所在地 : 77/254 Rajthevi Tower 19th Floor, Petchburi Rd. Rajthevi, Bangkok 10400
ホーム 会社について サービス お客さん一覧 お問い合わせ タイ語の翻訳
  E-mail Address:service.lbc@gmail.com  
© 2008 Laibros.com, All rights reserved.