Hotline: +66(0)86-844-1313 , +66(0)2-255-9681
HOME NEWS & ARTICLES INTERVIEW OUR CLIENTS CONTACT US
 
ホーム / 食品産業における人づくり 13 - 6

食品産業における人づくり 13 - 6
 
(5) 精神的・肉体的にタフな人
 
海外での勤務は、人間関係だけてなく、日本と違って厳しい暑さや、デング熱・マラ
リヤなどの風土病や狂犬病、そして強烈な下痢など、本人だけでなく、家族の安全も含
めて健康管理は非常に大切である。特に小さいお子さんが居られるご家庭では、人一倍
の気苦労があることであろう。
本人の仕事の上でのストレスはかなり強いと思われるので、多いに気分転換をしたら
良い。それも、日本では出来ないような贅沢な方法が身近にある。例えば、ゴルフにし
てもそうだ。日本のゴルフ場は、予約も取りにくく、高い上に、遠くて一日がかりであ
る。キャデーさんのいる一流ゴルフ場でも4 人の客に一人か二人。「お客さん、クラブを
3 本持って急いでください」などと言われて走らされる。午前にハーフが終わって昼食
をとると、その後がものすごく眠くなる。午後にハーフをプレイして家に帰ると、もう
暗くなっている。タイでは、その点、比較的恵まれている。
こんな好条件を見逃す手はない。最近はタイ人の課長クラスになると、ゴルフを楽し
む人が結構増えているので、ゴルフをとおして、部下とのコミュニケイションを図るこ
とも出来るのである。ゴルフでも、旅行でも、食べ歩きでも、博物館回りでも、出来る
ことはどんどんやって、決してストレスを溜めないことが大切である。
辛いタイ料理でお腹をやられると、しばらくはタイ料理恐怖症に陥る人が多い。タイ
に長く住んでいる日本人駐在員は、「タイでは、猛烈な下痢と、大洪水と、クーデター
を経験しないと、一人前ではない」と言う人がいる。もし、あなたが、強い下痢に見舞
われたら、「自分は今、一人前になりつつあるんだ」と前向きに、楽観的に考えたほう
が人生は楽しい。
更に大切なことは、本人だけではなく、常に奥様の気分転換を心がけてほしい。これ
は、妻がノイローゼで半年の間、日本で療養生活を送った、私の経験から申し上げたい。
奥様がノイローゼになって、業務半ばで、帰国の止む無きに至った例は多い。自分の
職務を全うするためにも、家族の安全と健康をおろそかにしてはならない。肉体の健康
管理は、諸先輩の話を良く聴いて、自己管理して行けば良いので、割愛させていただく。
サービス一覧
 
  所在地 : 77/254 Rajthevi Tower 19th Floor, Petchburi Rd. Rajthevi, Bangkok 10400
ホーム 会社について サービス お客さん一覧 お問い合わせ タイ語の翻訳
  E-mail Address:service.lbc@gmail.com  
© 2008 Laibros.com, All rights reserved.