Hotline: +66(0)86-844-1313 , +66(0)2-255-9681
HOME NEWS & ARTICLES INTERVIEW OUR CLIENTS CONTACT US
 
ホーム / 建設関連企業における人づくり 13

建設関連企業における人づくり 13
 
5.7 タイ人から見た、日本トップは大丈夫
 
(日系企業の日本人に対して、タイ人スタッフはどう思っているか?)
日本人とタイ人との最初の会話では、日本人に対して「何年タイにいますか?」との質
問に対して、「5 年ですか、長いですね!」、「エー、10 年ですか!」と驚く。「15 年?な
ぜ日本に帰らないのですか?」となってしまう。
つまり、会社の社長でも長くても5~6 年で日本に帰ってしまうのが普通と理解している。
新規に赴任してきた社長は、日本を向いていて、日本の命令で任期を終えれば帰国して
行くだけで、根本的な問題は何時も置き去りとなる。
そこで口には決して出す事がないが、日本人は頼りなく、無責任と言う感情を抱く(日
本人が「責任」と言う言葉はタイ語での責任と意味する内容が異なるのではないか?)、
そこで育つ人材もその程度となる。
3 年間の駐在で、100 回ゴルフをしたと言うほど、ゴルフ好きの日本人だが、新規にタ
イ国に赴任された方は、出来るだけ早々に、タイ国の地方旅行などをすると、目を見張る
発見があるので、広く風土・文化を知るのに役立つ。
日系建設会社で15 年間働き、ダイレクターまでになり、日本から派遣されてくる社長
よりも実務が出来る優秀な社員が、ドロップアウトしてしまうケースがある。真面目に長
く勤めれば勤めるほど、その落差大きく、本人にとって不幸と思えるようなことも発生す
ることがある。そんな日系会社では、将来性が無く、愛想をつかすのは当然といえる。勿
論、立派に現地合弁企業として定着した会社もあるが、中小企業では「長期に駐在して上
手く経営できる人材が見つからない」ということに加え、「タイ人の人材も逃げていく」
ので良い人材も集まらないという悪循環にも陥る。
サービス一覧
 
  所在地 : 77/254 Rajthevi Tower 19th Floor, Petchburi Rd. Rajthevi, Bangkok 10400
ホーム 会社について サービス お客さん一覧 お問い合わせ タイ語の翻訳
  E-mail Address:service.lbc@gmail.com  
© 2008 Laibros.com, All rights reserved.