Hotline: +66(0)86-844-1313 , +66(0)2-255-9681
HOME NEWS & ARTICLES INTERVIEW OUR CLIENTS CONTACT US
 
ホーム / 建設関連企業における人づくり 11

建設関連企業における人づくり 11
 
5.5 日本人の職業感とタイ人の職業感の相違点は何か
 
タイ国での経験から言えることは、日本ではその卒業学歴から、入社当時から技術系、文
科系と分けて枠にはめて仕舞いがちだが、先入観や枠には捉われずに、男女の仕事分担で
も、タイ国ではフレキシブルで、力仕事でも農作業で鍛えた女性の多くは建築現場でも働
いている。適材適職を優先した方が良いといえる。人材として対応力や理解力があれば、
教育・訓練・指導次第で文科系学科の卒業であっても技術職でも充分やっていける経験を
している。
 
タイでは日本の小中学校で学んだ程度の「基礎学力とやる気と感性(感の良さ、柔軟性、
理解力)」があれば、文化系であろうと技術系であろうと、その枠を超えて充分対応してい
けるケースがよくあるといえる。
当社の例では、女性のマネージャーは英文学科卒だが、科学に対する興味もあり、6 年目
で既に大学での専門外の電気機器の無停電電源装置(UPS)の機器仕様については、説明・
解説・選定相談・問題解決に至る対応が出来るようになっており、また当社が取扱う環境測
定機器の仕様説明を勉強しながらでも客先に説明できるようになってきた。初歩的な知識
を含めて教えるには時間が掛かる、そんな悠長なことはできないとの声が聞こえてきそう
な気がするが、不安定な大卒エンジニアを教育するより、長期的には男女を問わず、「意欲
のある人材を発掘し、教える方が得策」とも言える。
タイ国では「管理職、マネージャー職は女性の方が適職」であると言える。
サービス一覧
 
  所在地 : 77/254 Rajthevi Tower 19th Floor, Petchburi Rd. Rajthevi, Bangkok 10400
ホーム 会社について サービス お客さん一覧 お問い合わせ タイ語の翻訳
  E-mail Address:service.lbc@gmail.com  
© 2008 Laibros.com, All rights reserved.