Hotline: +66(0)86-844-1313 , +66(0)2-255-9681
HOME NEWS & ARTICLES INTERVIEW OUR CLIENTS CONTACT US
 
ホーム / プラスティック金型産業の人づくりの現状 3

プラスティック金型産業の人づくりの現状 3
 
当社関連会社A における人づくりの現状
 
A は自動車大型プラスティック部品の射出成形金型メーカーである。実質的にタイ
で型作りを開始して7 年が経過した。
型作りはCAD/CAM、数値制御加工等のハイテクと
型仕上げに象徴される技能、匠の技と言われるローテク混合の仕事となっている。特にロ
ーテク部門は技の習得に時間が掛かり、何とか仕事がこなせるまでに3 年、型作りの全容
を把握し、自力で展開出来るまでに7~10 年の経験が必要とされている。型はマザーツー
ルの最たるものであり、型で生産される数十万個の製品は、型の資質がコピーされ品質が
決定付けられる。寸分のミスも許されない仕事となっている。
型作りの仕事は多岐にわたり、CAD/CAM を駆使したデータ処理、設計、数値制御デー
タ作成、NC 加工、放電加工から配管・配線、仕上げ、磨き、トライ成形に至る。各工程は
専門性と経験が必要とされている。
これらの工程を1 人で全て賄う事は不可能であり、複数人の共同作業か数部門にわたる
チームワークとなる。原則的には同じ型を2 度作る事が無く、前述の如く典型的な単品生
産である。
個々に固有の仕様、要求を備えた大小雑多の型に対応し、途中の情報分断が即ミスに帰
するため、綿密なチームワークと工程管理が求められている。組織力と緻密さが不可欠で
ある。
少し前までは日本、米国、ドイツを主とした欧州で世界の型の大部分が作られていた。
米国では型屋はドイツ人系の仕事と考えられていたので、結局のところ日本人、ドイツ
が中心になって型が作られていた事になる。マイスター制度で代表される匠の技を尊重す
る文化と、何事も律儀なドイツ人気質や、細部に拘る日本文化が型作りに適合していた故
と考えられている。
タイにおける型作りを目指す“人作り”はこの事情を最大限考慮して研修基本策が立案
された。のんびりでおおらか気質のタイ人社員に型作りを実践して貰う難儀の根底は、彼
らとは対極にある文化の伝承に似たとろである。
サービス一覧
 
  所在地 : 77/254 Rajthevi Tower 19th Floor, Petchburi Rd. Rajthevi, Bangkok 10400
ホーム 会社について サービス お客さん一覧 お問い合わせ タイ語の翻訳
  E-mail Address:service.lbc@gmail.com  
© 2008 Laibros.com, All rights reserved.