Hotline: +66(0)86-844-1313 , +66(0)2-255-9681
HOME NEWS & ARTICLES INTERVIEW OUR CLIENTS CONTACT US
 
ホーム / プラスティック金型産業の人づくりの現状 1

プラスティック金型産業の人づくりの現状 1
 
日本の型業界
 
商品開発・生産準備を裏方で支える金型産業は、1990 年代まで順調に発展してきた。失
われた10 年で大打撃を受け、一万数千社あった企業数が8 千社程度まで減少し、更に厳
30
しい状態に立たされている。この間急激なシステム化を進めてきたが、型作りは依然と労
働集約型産業である。全産業界の猛烈な生き残り戦略の中で、大幅な型費削減に巻き込ま
れ体力を消耗している現状である。
時を同じくして、東アジアからの価格競争に曝され、型価格は低下の一途を辿っている。
つい最近、東アジア調達の型品質による諸問題が認識され始め、多少高くついても日本
の型へのU ターン現象が認められ、一息ついている昨今である。
しかし、東アジアの型品質が停滞している訳ではなく、日本の型業界に与えられた再起
の猶予時間は限られている。
世界有数の物価高・人件費高で労働集約型の仕事を守り育てるのは相当に荷が重いよう
である。
産業界が商品開発力と品質維持向上に、型を100%外国に頼るのは論外として、どの程
度の型屋が日本国内に必要とされるかの認識に、型業界の将来が掛かっている。
型業界は同じ競争条件で欧米より圧倒的に早く、安く、高品質な型を供給し、更に柔軟
に対応してきた実績がある。今後も、物作りの原点・日本力の維持に貢献し続けたいと願
っているが、腰を据えて型作りが出来る環境が失われて行くのではと心配している。
日本のグローバル化は一部農産物を除き無条件で進められている。型業界にグローバル
化の激震が押し寄せる事態は想定外だが、貿易立国である手前、泣き言は禁句である。型
業界上げて必死の対応を実践している現状と推察している。
サービス一覧
 
  所在地 : 77/254 Rajthevi Tower 19th Floor, Petchburi Rd. Rajthevi, Bangkok 10400
ホーム 会社について サービス お客さん一覧 お問い合わせ タイ語の翻訳
  E-mail Address:service.lbc@gmail.com  
© 2008 Laibros.com, All rights reserved.