Hotline: +66(0)86-844-1313 , +66(0)2-255-9681
HOME NEWS & ARTICLES INTERVIEW OUR CLIENTS CONTACT US
 
ホーム / 【データから見るタイ】機械・金属加工産業における人づくりの現状 3

【データから見るタイ】機械・金属加工産業における人づくりの現状 3
 
QS9000 の取得について
 
E工業団地は、東洋のデトロイトと呼ばれている。私の会社の隣 が F社、その隣は広大な敷地のG社である。国際規格である ISO に相当する QS9000規格を取得しないとA国の自動車会社に部品を納入することが出来ない。QS9000 取得に 取り組んで約一年、審査の日が 45 日後に迫り仕上げの時期にきた。活動が遅れているためプロジェクトチームは土曜日に休日出勤をすることにしていた。当然私も出勤したが、
当日一人も出勤してこなかった。
 
もともとの計画では、私の退職する 12 月末までに取得する予定だったが、どうしても 出来ないことから、翌月の 1 月 15 日に審査を延期してもらった経緯があった。休んだ理由はリーダーから一日ぐらい休んでも 1 月 15 日までには何とかなるということで皆で休むことにした。私には連絡しなかったということだった。私はプロジェクトチームの全員を集め、土曜日に出勤することは全員の約束である、又1 月 15 日の審査を再延期することはできない。会社にとって QS9000 の取得は部品納入 に不可欠であることは皆が承知していることである。「皆さんが約束を守らないなら QS9000の取得をあきらめる。約束が守れない皆さんは会社を退職されて結構です」と言 い切った。
 
翌日、チームリーダーは欠勤したが、他のメンバーは私の前で頭を下げ、15 日を目指し て全力で取り組むと言ってきた。リーダーは日本に派遣し研修をしてきており、当社の将来を担う人材と思っていた。3 日間休んだ後、心配した日本人スタッフが本人の家を訪問し説得にあたったようだ。一週間後、頭を下げ反省している、再度挑戦させて欲しいと申し出てきた。私の心の中では退職されると大きな損失になるなと思う一方で、この甘えを許すわけに はいかないと思っていた。何故なら、約束、納期の大切さを知って欲しいと思ったからで ある。私は予定通り 2001 年12 月末をもって退職した。
 
2002 年 1 月 15 日無事に審査が終わったとの報告を、日本の自宅で聞いた。2004 年 8 月設備の増設応援の要請がありタイ国に向かい、気になっていたリーダーは 元気に現場で指示をしていた。本人から結婚するので是非出席して欲しいと招待状をもってきたので、私は喜んで出席した。自宅の庭に舞台を作り、200 人の出席者と星空の下で 結婚を祝った。あの時の決断でチームリーダーは更に成長したのではないかと実感した時でもあった。
 
サービス一覧
 
  所在地 : 77/254 Rajthevi Tower 19th Floor, Petchburi Rd. Rajthevi, Bangkok 10400
ホーム 会社について サービス お客さん一覧 お問い合わせ タイ語の翻訳
  E-mail Address:service.lbc@gmail.com  
© 2008 Laibros.com, All rights reserved.