Hotline: +66(0)86-844-1313 , +66(0)2-255-9681
HOME NEWS & ARTICLES INTERVIEW OUR CLIENTS CONTACT US
 
ホーム / 【データから見るタイ】食品産業 における人づくりの現状 8

【データから見るタイ】食品産業 における人づくりの現状 8
 
 
担当業務から見た分野の技術レベル(異物除去とスペック管理の成功例)
 
(1) 異物に対する認識 異物に対するタイ人の考え方は、日本人消費者とずいぶん異なっている。 タイ人は、「髪の毛とか虫は、本来、自然の中に存在する物である」から、あまり神経質にはならない。又、原料由来の物質、例えば果菜の茎や葉っぱなどは、 EVM (Extraneous Vegetable Material=野菜由来の夾雑物)と称して、他の異物とは一線を画し、ある程度の混入は止むを得ない、と比較的おおらかに考えている。 しかし、日本の消費者から見れば、口に入れて食べられるもの以外は全て異物であると考えており、クレームの対象になってくる。従って、タイの人に「異物とは何か」「日 本の消費者はどこまで容認するか」を徹底的に理解させる必要がある。異物除去は、コ ストにも影響するので、OEMや合弁会社の場合は、工場長や QC マネージャーだけでな く、相手側のトップ、少なくとも、利益管理者である、副社長クラスまで、認知しても らう必要がある。
 
目視チェックによる異物の除去は、ベルトによる連続式チェックの場合は、チェック 要員・ベルトスピード・原料の流入量などが物理的に可能かどうかを十分試算して決定する必要がある。ベルトによる連続式では、どうしても改善がなされない場合は、目視 チェック台を準備して、一定量毎に作業を進めていくバッチ式で異物をチェックする方 法も考えられる。
 
 
(2) 異物除去の改善例
 
実際に OEM 工場で異物混入率を大幅に低下させた例をご報告しよう。 商品はタイの代表的農産物であるスイートコーンである。この会社はタイでは最大の缶詰メーカーで、総生産量の 4 分の1を日本に輸出している。勿論弊社の分だけでは なく、日本の他企業にも大量のスイートコーンを輸出している。輸出先はヨーロッパ・アジア各地に及ぶタイ国最大の農産物の缶詰・レトルト・冷凍食品メーカーである。弊 社との取引は 3 年以上に及び、安定した品質のスイートコーンを供給してくれるのであるが、夾雑物の発生率があまり改善されない。タイ国内では群を抜く低発生率ではある が、日本国内メーカーのレベルには至っていない。
 
そこで、まず、そのメーカーの輸出担当副社長に会い、日本市場の異物に対する強い 拒否反応をじっくり説明した。日本への輸入を担当する商社や日本国内の大手卸店、さらには弁当チェーンの品質管理部長に、タイ出張の機会に必ず工場に足を運んで頂き、 日本の顧客の声を直接伝えるように心がけた。「日本への輸出を拡大するには、異物混入率を半減する必要がある。又、異物が発見されたときは、誠意をもって速やかに対応することが重要である」ことを説明し、要請したのである。幸い輸出担当副社長はこちらの趣旨を十分理解し、具体的に大幅な改善がなされたのである。つまり、目視チェックラインを中心とした抜本的な改善である。
 
先ず、改善前の異物除去ラインの写真を見ていただきたい。大量のコーンの原料が流 入してくると、コンベイヤーの上に原料の山のようになって流れている。山の下の方は眼が届きにくい。もし下のほうに異物があった場合、見逃してしまう可能性は十分にある。照明も片側に寄っていて、一方からは不十分のように思える。
 
○改善の内容は、
1)  流入量のコントロール、つまり最盛期であっても、ベルトへの投入量を制限している。
2)  同時に、ベルトの速さを 25%低下して、見やすくしている。
3)  目視チェック用のベルトを 1 本から 2 本にして、生産量の低下を防止している。
4)  コンベイヤーの上にヘラの様なアームを取り付けて、原料の山がなだらかに平らにな るようにしている。
5)  ヘラに角度をつけて、原料がベルトの上を蛇行するようにして、見やすくしている。
6)   2 本のコンベイヤーの幅を従来から 20%広げて、原料を広げられるようにしている。
7)  照明器具の位置をベルトの真上に移動するとともに、照度を 30%アップしている。
8)  チェック要員を 12 人体制からから通常 14 人、最盛期には 17 人に増員している。
 
 
以上の改善が行われた結果、異物の発生率は、従来の 3 分の 1 以下となり、現在では、日本のユーザーから、「日本国内のメーカーより、異物混入率が低い」とお褒めの言葉を頂 いているほどである。この改善は、OEM 工場の責任者に、重要性を認識してもらい、動機づけに成功した例といえるだろう。
 
サービス一覧
 
  所在地 : 77/254 Rajthevi Tower 19th Floor, Petchburi Rd. Rajthevi, Bangkok 10400
ホーム 会社について サービス お客さん一覧 お問い合わせ タイ語の翻訳
  E-mail Address:service.lbc@gmail.com  
© 2008 Laibros.com, All rights reserved.