Hotline: +66(0)86-844-1313 , +66(0)2-255-9681
HOME NEWS & ARTICLES INTERVIEW OUR CLIENTS CONTACT US
 
ホーム / 事例8-4 工場内で麻薬が横行していた

事例8-4 工場内で麻薬が横行していた
 
事例8-4 工場内で麻薬が横行していた
 
関連情報
企業の業種       製造業
問題のあった時期    2006年4月
場所         チャチューンサオ県
体験の際の職種・職務  
資本形態       合弁
従業員数       タイ  301人以上
           日本本社301人以上
 
A.困難事例の概要
 
 普段日本人が使用することがない工場内のトイレに入ったところ、タバコの吸殻、紙くずなどが散乱していた。薄暗くて悪臭もひどく、非常に不衛生であることを知った。
 すぐに対処するようタイ人スタッフに命じ、清掃させるものの、清掃後には再びタバコの吸殻が散乱するという繰り返しであった。こまめなチェックもできないまま放置せざるを得ない状況であったが、ある日、日本人社長宛に匿名で告発の手紙が届いた。「工場のトイレ内で麻薬の吸引が日常的に行われていることを日本人は知らない」「この会社は何でも自由」「みんな自由に麻薬を吸って楽しく仕事をしている」などと書かれていた。
 タバコの吸殻と思っていたのは、麻薬吸引後の吸殻だったのだ。この手紙は善良な社員からの涙ながらの訴えと直感した。
 
B.対処概要
 
 直ちに日系専門コンサルタント、警察の協力を得て対策チームを立ち上げた。社内調査後、内偵を進め、最終的には麻薬密売者及び使用者を社内で逮捕し、結果として解雇するに至った。この結果報告は社員全員に広く告知する意味で、社内の掲示板に逮捕事実を写真付資料として貼り付け、不正問題に真剣に取り組む会社の姿勢を明確にした。
 
C.教訓
 
1.長年にわたり問題を放置しておくと、更に深刻な事態に発展していき、改善不能の状態に陥ってしまう。トイレ内での喫煙は社則に違反する。この小さな点を放置したために、もっと大きな事態を見逃すことになった。こうならないために、小さな秩序違反でも徹底的に取り組み、治していく必要がある。
2.常日頃から社内の様子をつかめるように、隅々まで日本人自身が巡回すること。
3.社員とのコミュニケーションを密にしておけば、社長宛の告発の手紙が来る前に社内のうわさは耳に入りやすい。日系企業間の情報交換会等に参加して、他社での様々な事例に習うこと。
 
サービス一覧
 
  所在地 : 77/254 Rajthevi Tower 19th Floor, Petchburi Rd. Rajthevi, Bangkok 10400
ホーム 会社について サービス お客さん一覧 お問い合わせ タイ語の翻訳
  E-mail Address:service.lbc@gmail.com  
© 2008 Laibros.com, All rights reserved.