Hotline: +66(0)86-844-1313 , +66(0)2-255-9681
HOME NEWS & ARTICLES INTERVIEW OUR CLIENTS CONTACT US
 
ホーム / 事例 10-8 管理者への不満による作業員の退職率増加

事例 10-8 管理者への不満による作業員の退職率増加
 
事例 10-8 管理者への不満による作業員の退職率増加
企業業種 製造業
問題のあった時期 2005年8月ごろ
場所
体験の際の職種・職務 社長
資本形態 独資
従業員数 タイ 301人以上
日本本社 101~300人
A; 困難事例の概要
 ある製造会社では作業員の退職が相次ぎ、生産に支障を来たしていた。日本人駐在員が不思議に思って現地管理者に聞いたところ、「わが社の給料が他社より低いからだ」「作業環境が他社と比較して悪いためだ」と自社の欠点を指摘するだけであった。納得できない日本人駐在員は、外部コンサルタントに解決を依頼した。コンサルタントが作業員に対してヒアリングを行ったところ、「管理者の態度や口のきき方が悪い」「指示が威圧的で理由も説明せずに強制するだけ」「部下のひいきが厳しく、公平に接していない」など、管理者への不満が多く聞かれ、これが作業員のやる気を失わせて退職率の増加につながっていることが判明した。
 
B;対処概要
1. 管理者への教育
作業員の意見を元に、外部コンサルタントが管理者への意識教育を行った。管理者は深く反省し、自主的に作業員に対して無記名アンケートを実施して、管理者への要望を吸い上げた。そして朝礼で作業員に言葉遣いや態度を改めることを表明して、作業員の信頼を取り戻した。
2. 個人面接の実施
管理者に作業員との定期面接を実施するよう指示した。管理者が作業員と2人だけで話し合うことにより、管理者が作業員の抱えている本音の問題を引き出し、適切なアドバイスと改善を行えるようになった。
 
C;教訓
 
1. 作業員へのヒアリング
日本人駐在員は言葉の関係もあり、通常は現地管理者のみと仕事を進めることが多い。そのため作業員の考えや気持ちは、現地管理者を通じて報告させることになる。しかし現地管理者は自分にとって都合のいいことしか報告しないケースが多いので、できれば直接作業員に接する機会を持ち、現状の問題点を吸い上げることが大事である。
 
サービス一覧
 
  所在地 : 77/254 Rajthevi Tower 19th Floor, Petchburi Rd. Rajthevi, Bangkok 10400
ホーム 会社について サービス お客さん一覧 お問い合わせ タイ語の翻訳
  E-mail Address:service.lbc@gmail.com  
© 2008 Laibros.com, All rights reserved.