Hotline: +66(0)86-844-1313 , +66(0)2-255-9681
HOME NEWS & ARTICLES INTERVIEW OUR CLIENTS CONTACT US
 
ホーム / 事例10-5 組合が予告した不良品発生

事例10-5 組合が予告した不良品発生
 
事例10-5 組合が予告した不良品発生
企業の業種 製造業
問題のあった時期 2006年3月~
場所 ラヨーン県
体験の際の職種・職務
資本形態 合弁
従業員数 タイ 301人以上
日本本社 301人以上
A; 困難事例の概要
 約3カ月前に労働組合が結成され、賃金と6月のボーナスに関する労使交渉の場で組合側が提示してきた要求事項は、到底飲むことのできない法外な賃上げ、一時金支給額であった。会社側としては誠意を持って、業績推移のデータで示しながら話し合いを進めていったが、組合側は一切聞く耳をもたない。交渉は決裂の様相である。交渉の最後に組合側は「社内では『組合の要求が通らない場合は、不良品が出るかもしれない』といううわさがある」という気になるセリフを残して交渉は終わった。会社側は組合側の要求事項との折衷案にて一応の妥結をみた。
 ところが、妥結後数週間して影響甚大なクレームが顧客より入った。明らかに意図的に作られた不良品がチェックもされずに顧客に納品されたのである、労働組合はとんでもないことをしてくれたと会社側は嘆くばかりであった。
B; 対処概要
 これまで労働組合がなかったため、会社は労働組合との付き合い方が分からずにいた。日系企業の人事労務担当者、専門コンサルタントにアドバイスを求めたところ、組合とはできれば仲良く付き合っていくことや、労働者をまとめる窓口としての存在を前向きにとらえる事などが重要と教えられた。
1. 大国労働法(労働者保護法、労働関係法)を熟読し、自社の労働組合について良く知る。労働局の登録担当官名、上部団体と同アドバイザー名、組織率、組合費などのほか、組合幹部の代表者が、組合員に対してリーダーシップを発揮しているのか、組合員の意見を公平にすくい取っているのかを確認する。
2. 組合を敵対せず、日ごろから円滑なコミュニケーション作りを心掛ける。
3. タイの労働組合は、未成熟であると理解し、的外れな要求事項が上がっても冷静に対処できる要求に対する説得資料を準備しておく。交渉シミュレーションを日ごろから行っておき、組合からの要求に対する回答を予測しておく。
4. 賃金はどのように決められるのかなど、労使間での話し合いにおいて、論理的に説明を繰り返す。論理的に説明して円満に交渉を進めれば理解してくれる組合は多い。会社有っての労働者・労働組合である。例えば、クレームにより会社が損害を被ることは、すなわち会社の損に結びつき、社員全員の賃金に跳ね返ると言うようなことを教育する。
5. 予め労使交渉の進行ルールを決めておく。
6. 同業他社及び周辺企業との横の結びつきを深め、密な情報交換を通じて情報収集を怠らない。
7. 労働局の担当官とのコミュニケーションを持つ。
8. 労働問題に強い弁護士、コンサルタントを確保しておく。
9. 信頼の置ける警察とのルートを確保して置けば、有事の際の頼りになる。
C; 教訓
 労働組合結成後1年目の労使交渉では、賃上げ、福利厚生の向上に関して、最も血気盛んに活動する時期に当たると言える。これは、組合(組合幹部)が会社側及び組合員に対して力を誇示する意味合いもある。この段階での付き合い方が重要であり、労使間の日ごろのコミュニケーションが円滑に行っていない場合は、組合結成を契機にして円満な話し合いができるような定期的な意見交換の場所を設定する。
 タイ人は脈々と受け継がれてきた独特のヒエラルキー社会に生きる「心の民族」である。労使紛争の根源にあるのは労使間のコミュニケーション不足である。
 設立当初の労働組合はまだ未成熟な状態にあるため、組合幹部の独走による労使交渉に陥る傾向がある。その中には、ただ単に日本人経営陣を困らせたいと言う発想が伴う場合もあるが、いずれにせよコミュニケーション不足が発端である。今後も長く付き合っていかなければならない労働組合に対し、組合とはこういう姿にあるべきという教育を会社側がしていくことも視野に入れなければならない。
 反面、組合員に対して指導力を発揮していない、意見を公平にすくいとっていない、会社から要求事項を勝ち取れない労働組合は、組合員から支持を得られず、組合費を納めない組合員の増加、活動停滞へと事は進み、自然に消滅、有形無実化していくこともある。
 
サービス一覧
 
  所在地 : 77/254 Rajthevi Tower 19th Floor, Petchburi Rd. Rajthevi, Bangkok 10400
ホーム 会社について サービス お客さん一覧 お問い合わせ タイ語の翻訳
  E-mail Address:service.lbc@gmail.com  
© 2008 Laibros.com, All rights reserved.