Hotline: +66(0)86-844-1313 , +66(0)2-255-9681
HOME NEWS & ARTICLES INTERVIEW OUR CLIENTS CONTACT US
 
ホーム / 事例8-10 現地社員と外部業者との癒着

事例8-10 現地社員と外部業者との癒着
 

事例8-10 現地社員と外部業者との癒着

企業の業種                                     製造業

問題のあった時期                     2004年頃

場所                                                     バンコク

体験の際の職種・業務           ゼネラルマネージャー

資本形態                                           合弁

従業員数           タイ                     101人~300人

                                日本本社           101人~300人

 

A;困難事例の概要

 製造業として会社を運営するために、原料・備品の購入、半製品・製品の輸送、発生する廃材・廃棄物の引取り等を外部業者に委託することが多くある。これらの実務は、タイ人現地スタッフにより日々行われていたが、社内担当者と外部業者との癒着がありそうなことが分かってきた。

 例えば、廃材については、廃材引取り業者から提示された引取り価格が適正かどうか、現地役員(日本人、タイ人)が確認した上で引き取ってもらっているが、その廃材引取り業者は当社の現地スタッフから引取り価格についての情報を事前に聞いたうえで、当社に価格提示を行っており、廃材を引き取った際には引き取り業者からその現地スタッフに謝礼が払われているとのこと。

 また、当社では毎日製品を数箇所へ納入しており、時間の許す限り、一台のトラックを数箇所に巡回させて輸送費を削減するよう指示しているが、一部の現地スタッフが委託している輸送業者と結託し、できるだけ多くのトラックを使用してその輸送代金を多く稼ごうとしているとの情報もある。いずれのケースもその決定的証拠をつかんだわけではないので、現地スタッフの処罰までには至っていない。

 

B;対処概要

 原則として、どのような外部業者も複数採用し、可能な限り毎日競争入札させる、あるいは定期的に切り替えるなどの対策を実施することとした。

 日本より会社に対する忠誠心が希薄であり、かつ個人の給料に対する工業製品の価値が相対的に高いので、業務上の立場を利用して小金を稼ぐという発想が生まれてくるのも理解できないわけではないが、頭の痛い問題である。

 

C;教訓

 現地では、工業製品の価格が相対的に高いので、業務上の立場を利用して稼ぐという発想をすることもある。管理者としては、業者との癒着が起きないように、様々な対策をもって望むべきである。

サービス一覧
 
  所在地 : 77/254 Rajthevi Tower 19th Floor, Petchburi Rd. Rajthevi, Bangkok 10400
ホーム 会社について サービス お客さん一覧 お問い合わせ タイ語の翻訳
  E-mail Address:service.lbc@gmail.com  
© 2008 Laibros.com, All rights reserved.